喉摘者のためのガイドブック


著者の米国ジョージタウン大学のブルック教授(医学博士)は、2008年にご自身も喉頭摘出術を受けました。

日本語訳にあたっては、日喉連団体の顧問の先生が携わっています。

 監修  (兵)神鈴会顧問 丹生 健一 先生

     神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 耳鼻咽喉科頭頸部外科学分野 教授

 監訳  北鈴会顧問 本間 明宏 先生

     北海道大学大学院医学研究院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室 教授

 

かなりのボリュームがありますが、とても読みやすいと思います。

ぜひご一読をお願いします。

 

喉摘者の為のガイドブック イツァーク・ブルック著

  https://drive.google.com/file/d/1lrGEAD5Og8Xl1_FMi_6ym3s9wdOjihjG/view