2019年度事業報告書


当連合会の活動の主体である社会参加促進事業ならびに指導者の研修のためのブロックごとの指導者研修事業はブロック長はじめ役員がたの尽力によって成功裡に終了いたしました。2019年度活動の概要は次の通りです。

 

1.会員関係について
     正会員(55団体)    :   5,087人
      顧 問                   :                    2人
           賛助会員・個人          :        11人
               法人                     :                     1社
          合 計                   :      5,101名

 

2.事業関係について

① 定期年次総会(第20回)
2019年5月17日(金)午後1時より、東京都障害者福祉会館において、ご来賓ならびに会員52団体(委任出席を含む)が出席して開催され、下記事項を決議いたしました。


イ.平成30年度事業報告ならびに決算報告
  平成30年度年次報告を松山議長から、活動計算書・貸借対照表・財産目録・平成29年度会費受入明細表について、武

  内事務局長から議案書に基づき説明。

  栃木監事より監査報告があり、原案どおりに承認可決。
ロ.2019年度、2020年度事業計画案ならびに予算案
  2019年度・2020年度事業計画案を議長から、2019年度・2020年度活動予算案を事務局長から各々説明が

      あり、原案どおりに承認可決。
ハ.役員選任の件
      2019年度の理事・監事候補者(案)、原案どおりに承認可決。
ニ、定款改定の件
  事業種類の見直し、賛助会員を加える定款一部変更は、原案どおりに東京都に変更申請、承認済。
ホ、会員の少ない団体の対応策・救済策の件
  議長から説明があり、原案通り承認可決


②  理事会について
  (第1回)2019年5月17日(金)午前10時より東京都障害者福祉会館において総会に先立ち開催し、第20回年次総

        会付議案件について審議し決定。
      (第2回)2020年2月21日(金)午後1時00分より、東京都障害者福祉会館において開催。第21回総会付議案件に

        ついて審議。

 

3.ブロック研修会について
各ブロック毎に、ブロック研修会を下記日程にて開催しました。

① 北日本ブロック
2019年10月18日~10月20日   宮城県障害者福祉センター(仙台市)
② 東日本ブロック
2019年9月24日~9月26日      ホテルメルパルク(長野市)
③ 中部日本ブロック
2019年9月10日~9月12日     ホテル金沢(金沢市)
④ 近畿ブロック
2019年10月15日~10月17日   兵庫県民会館(神戸市)
⑤ 中・四国ブロック
2019年10月21日~10月22日   広島市文化交流会館(広島市)
⑥ 九州ブロック
2019年9月11日~9月13日     TKP小倉駅カンファレンスセンター(北九州市)

 

4.喉頭摘出者発声訓練士資格制度について
導入から7年を迎えました。全国55団体で、682名の発声訓練士が認定されました。共通課題として「①「日喉連定款変更について」、②「日喉連物品販売について」を学習しました。

 

5.日喉連の収支改善、活動について
日常生活用具の販売強化、賛助会員の勧誘・推進に努め、収支に貢献しました。
  収益について
    賛助会費  :                   290,000円
    パワギガ   :              517,140円
    人工鼻    :             799,936円
    人工喉頭  :             81,225円  等 でした。
  今後、更に取扱い商品の拡大を模索します。

 

6.会報の発行、日喉連のPR活動
会報「日喉連」第49号の発行、及びホームページを有効活用し、日喉連のPR用DVD・パンフレット等を頒布しました。

 

7.会員団体相互の交流会について
ブロック内、連合会内-遠隔地研修会(発声教室山彦会・愛友会・郡鈴会)等で交流し、好評を得ました。

 

8.その他
慶弔関係 - 訃報
    小坂康夫氏      日喉連理事  (公財)阪喉会常務理事

                                    


 

 

 

                                       以上