第21回定期総会議事録


5月15日に東京都障害者福祉会館で理事会開催が予定されていたが、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、政府による緊急事態宣言、各自治体による外出自粛要請がでた。所管の東京都、内閣府より特定非営利活動促進法では総会開催について書面決議ができるとの開示がなされていることにより、松山会長より書面により総会とすることを提案した。
事務局より4月16日作成の議案書と回答書、報告案件を4月28日に送付し、回答書に議案の同意、不同意の記載と意見を求めた。

 

・送付先 : 北鈴会・道南銀鈴会・青森喉友会・岩手喉友会・立声会・秋田秋笛会・発声教室山彦会・福島声友会・福声会・茨城甦声会・栃木県喉摘会・群鈴会・埼玉銀鈴会・京葉喉友会・(公社)銀鈴会・神奈川銀鈴会・横浜市港笛会・山梨県喉会・長野県信鈴会・新潟県美鈴会・静岡県静鈴会・愛友会・名声会・岐阜睦声会・富山喉友会・石川喉友会・福井県喉友会・三重喉友会・滋賀湖声会・京都喉友会・(公財)阪喉会・道声会・大阪市喉会・関西喉友会・(兵)神鈴会・奈良交声会・和喉会・鳥取県清音会・島根県清音会・新声会・恵声会・山口喉友会・阿波喉友会・香川喉友会・愛声会・高知県喉友会・北九州創声会・福岡喉摘会・福岡筑声会・福岡大学病院喉笛会・久留米喉友会・熊本県天声会・大分豊声会・鹿児島県鶴鈴会の各団体長
栃木監事、 坂上相談役

 

・回答内容:5月15日締め切りとし、全団体から回答が得られ、第21回定期総会は、定款第26条により定足数を満たしており適法に成立する。

 

第1号議案 2019度事業報告並びに決算承認の件
全員が同意し、承認された。

 

第2号議案 2020年度事業計画並びに予算承認の件
全員が同意し、承認された。

 

第3号議案 役員選任の件
全員が同意し、承認された。


第4号議案 全国発声大会
全員が同意し、承認された。


報告案件 
①  2020年度「日喉連」ブロック研修会 予定表

 

議事録署名人は太田時夫氏、と渡邊操氏を選任する。
なお、今回の文書による総会決議に疑義が生じた場合は、再決議も検討することとする。

回答書では以下の意見がでた。
・岩手喉友会 人工鼻について障害者日常用具としての給付を強く希望→今後も要求を継続する。
・神奈川銀鈴会 東日本ブロック研修会の詳細を知りたい(神奈川は8月末まで休講)→検討中なので決まり次第連絡する。
・愛友会 他団体の活動状況を知りたい(現在休講中)→ほとんどの団体は休校中である。
・坂上相談役 コロナの状況をみてブロック研修会、全国大会開催の中止、延期を検討してください。→そのつもりです。
・その他、教室開催状況について、連絡のあった団体があった。

 

(作成:事務局 武内)

2020年5月23日