全国喉摘者発声大会は、厚生労働省後援によりNPO法人日本喉摘者団体連合会(日喉連)と公益社団法人銀鈴会の共催で開催

されます。
  
開催に先立って、予め所属会員数等によって出場者の枠が定められ、9月から10月に亘って全国の各ブロックで予選が行われ、食道発声の部、ELの部に分かれて11月に東京の東医健保会館で決勝大会が行われます。

 

「全国喉摘者発声大会」は、平成12年に日喉連がNPO法人の認証を得たことを記念して第1回発声大会を開催しました。
なお、本大会は昭和55年から平成8年まで社団法人銀鈴会が行っていた行事を引継ぎ、4年毎の開催を隔年毎にし、また、EL発声の部を設け第3回目以降は食道発声大会を喉摘者発声大会としました。

    

また、この中で歌も唄っていますが、歌は歌そのものの上手下手よりも、唄うことをとおして食道発声の力量を示すものです。『歌』そのものの上手い下手は食道発声とは本質的には別のものであるからです。

 

 

  第10回全国喉摘者発声大会 平成30年11月17日開催 new!

 

   第9回全国喉摘者発声大会 平成28年11月19日開催 

                   

   第8回全国喉摘者発声大会 平成26年11月15日開催

 

   第7回全国喉摘者発声大会 平成24年11月17日開催

 

     第6回全国喉摘者発声大会 平成22年11月13日開催

 

   第5回全国喉摘者発声大会 平成20年11月22日開催

 

   第1~4回全国喉摘者発声大会

 

      歴代入賞者